五十嵐 太陽 五十嵐 太陽

FW28 五十嵐 太陽

得点王を取りたい

いろいろな面で先輩方との差を感じています

ルーキーイヤーのこれまでの内容をどう感じていますか?
試合に絡める回数もまだまだ少なくて満足できる状況ではないですね。プロになっていろいろな面で先輩方との差を感じています。
マルシーニョ選手のスピードや、(家長)アキさんの技術、フィジカルなど、先輩1人ひとりと対峙する度に「ここがすごい、ここが違うな」と感じる毎日です。
成長していると感じるところは?
コーチに付き合っていただいて、毎日居残りでシュート練習をしているのでシュートの部分は自信がついてきています。シュートの技術や、流れに乗ってゴールに向かってドリブルするところは出来てきているかなと。
同期で同じ年齢の永長選手がプロ初ゴールを挙げましたが、意識することはありますか?
自分たちがっていうより、言われるんですよね。ちょうどこの前も同期のメンバーで話していたんですけど、周囲のいろんな人から言われるよねって。いやでも意識させられるよねと(笑)。なので少しは意識します(笑)。
普段からシュート練習で競争したりして、いい意味で刺激し合ういい関係ができていると思います。
先輩から学ぶことも多い環境ですね。特に参考にしている選手はいますか?
僕は(脇坂)ヤストさんと(家長)アキさんがやっぱりすごいなと思っています。
ヤストさんは相手をいなすプレーがうまくて、とにかく1プレー1プレーを見て尊敬しています。アキさんはもう…いやもうすごいんです。みなさん言いますが本当にすごいんですよ!一緒にやっていてもボールを取れる気がしない。余裕が違うんです、1人だけ。
他にもすごい選手ばかりで、この日本一のチームの環境でプレーできることは自分にとってためになるなと実感しています。それと同時に、このチームで試合に出て活躍したいという思いも強いですね。
アカデミー育ちの五十嵐選手の活躍をサポーターの皆さんも待っていると思います。
ずっと応援してくださっている方もいるし、等々力で点を取ったら喜んでくれると思いますし、自分も高ぶるんじゃないかな。
1番は家族に来てもらって目の前で点が取れれば嬉しいですね。アカデミーの頃は毎日駅まで送り迎えしたり、大変だったと思うから。行きはお母さんが送ってくれて、帰りはお父さんが自転車で迎えに来てくれて荷物を積んでもらって、僕がランニングして帰ったりしてたくさん協力してもらいました。
これから先の目標も教えてください。
目先の目標としては、Jリーグで試合に出ること。その先の目標は、Jリーグで得点王を取りたいです。アカデミーの頃、等々力に試合を観に行っていた時に、大久保嘉人選手が得点王を取って、めちゃくちゃかっこいいなって思いました。そして僕も得点王を取りたいと。その時の思いを叶えられるかどうかは自分の努力次第だと思っています。
五十嵐 太陽 プロフィール
【五十嵐 太陽】2003年4月14日生まれ 神奈川県相模原市出身 クラブ公式プロフィール
今季フロンターレU18から昇格したルーキー
プリンスリーグでは得点王に輝き、U-18の中心選手としてクラブ史上初のプレミアリーグ昇格を果たす。2022年4月18日ACL広州FC戦でプロデビュー。
フリーアナウンサー 高木聖佳’s eye フリーアナウンサー 高木聖佳’s eye

新入団会見で「『川崎の太陽』と呼んでもらえるように頑張ります」と話した五十嵐選手。新たな川崎の太陽が輝く日を私たちサポーターは心待ちにしています。
そんな五十嵐選手の趣味は「イチゴ飴作り」!高校1年生の時にそのおいしさにハマり、売っているのは高いからと研究して自作するようになったそうです。「今も定期的に作ってます。難しいんですよ!水と砂糖の割合と火の入れ方で、飴の出来が全然違うんです」とのこと。今や家族に売り物になると言われる腕前になったそうで、遠い将来は(飽きていなければ)イチゴ飴屋さんになるかもしれないそうです(笑)。

イッツコムチャンネルの
視聴⽅法はこちら
川崎フロンターレ公式サイト